キャッシング 借り換え

銀行もキャッシングに関する業務を行うようになっています。

 

元々は、少額小口融資に関してはまったくといってよいほど、ノウハウがなく参入する余地がなかったのですが、グレーゾーン金利問題によって傾きかけていた消費者金融と手を組むことができて、一気にその市場を拡大するに至りました。

 

銀行はそんなに担保なし、個人的な信用のみで貸す、ということには積極的ではなかったのです。

 

それをするようになったのは、あまりにも市場が拡大してきたからです。

 

既に消費者金融業界は7000億円規模といわれています。好景気、不景気というの多少は左右されるとしても巨大な金融市場になっていることは確かです。

 

この大きなマーケットに銀行が参入しないわけにはいかない、という背景があったわけです。

 

ちなみに銀行が消費者金融のようなサービスをするとしても実は適用されることになる法律が違います。

 

消費者金融は貸金業法が適用されるわけですが、銀行は銀行法になります。利息制限法に関しては同じではありますが、この法律の違いが何かとサービスの方向性にも関わってくるわけです。

 

特に銀行は総量規制の対象外、というのが大きいです。多少、審査が難しくなる傾向はありますがそのために銀行のキャッシングサービスに申し込みをしている、という人も多いです。