キャッシング 借り換え

おまとめローンを選び理由

キャッシングできる自動契約機のある場所ガイド

 

キャッシングのサービスの中には、おまとめローンというものも存在します。他社で複数借入しているキャッシングを一つにまとめてしまえるサービスですが、なぜこのサービスを選ぶとお得なのでしょうか。

 

まず、一つにまとめることで、金利の差を少なくできます。金利は借入ごとにかかるため、複数の借入をしているとそれだけ金利の影響も大きくなります。その点、おまとめローンなら、一社分の金利で済ませられるのです。

 

他にも、管理しやすいのも大きなメリットです。あの借入は返済したか、後いくら残っているのか、借り入れが増えるほどややこしいものです。その煩わしい管理も必要なくなるので、キャッシングがより利用しやすくなるのも間違いありません。

総量規制の対象になる場合とは

キャッシング借り換え

消費者金融とカードローンを並べて見てみると、どうしても漢字の消費者金融の方が審査が厳しく、カードローンはそれほど厳しくないというイメージを持ちがちです。

 

しかしながら、実際には両社に特段大きな違いはありません。どちらでも同じようにお金を借りることができます。単にお金を適度に借りて、生活を円滑に進めるという目的であればサービスの違いがないわけですからどこを選択しても良いということになります。

 

もちろん、会社ごとに行っているサービス内容は異なります。金利に関しても若干特色が出やすくなっていますが、平均的な金利は18%なので、そこを基準に見てみると良いでしょう。ただ、大きな金額を頻繁に借りるということになると、少し両社の違いに着目して考える必要が出てきます。

 

貸金業に関する法律が改正されたことで、総量規制というルールが作られました。これは、たくさんお金を借りることで返済ができなくなるという人を増やさないための対策です。具体的にいうと年間の所得の1/3を超える金額は、お金を借りることができないというものです。ですから、100万円単位でお金を借りる場合には、年収の額が非常に重要になってきます。

 

ただ、これは消費者金融に対して適用されるルールで、銀行系のカードローンには当てはまりません。そのため、お金を大量に借りたいという方の場合には、消費者金融とカードローンをうまく分けながら、総量規制の対象にならないようにお金を借りる工夫が必要になります。

キャッシングの返済額の内訳を知っていますか?

キャッシングを利用してまず考えるのがどうやって返済していくかということだと思います。完済するまでは毎月一定額の返済があるのが普通だと思いますが、意外とその返済額の内訳を知らない人も多いのではないでしょうか?

 

多くの返済が元利均等返済という返済方法になっていると思います。これは毎月一定額を返済していくというものです。例えば100万円を借りて毎月2万円ずつ返済していくとしましょう。この2万円の内訳は利息+元金返済額というかたちになっています。仮に利息が5,000円だとすると実際は15,000円しか返済していないことになります。

 

ですから1か月後の元金は98万5千円ということになります。そしてこの次の月にまた2万円返済したとしても5,000円分が利息で実際は15,000円の返済ということになります。こんな形で1年返済したとしましょう。すると毎月2万円ずつ計24万円支払ったとしても利息で5,000円ずつ支払っていることになりますから、元金に対する返済は18万円ということになります。これがなかなか借金が減らない理由です。正確には毎月元金が減っているので、利息も減って元金に対する返済額も増えていくのですが、イメージとしてはこんな形でとらえると良いのではと思います。

 

利息はつまりは無駄金です。このお金は何も生み出しません。もし毎月利息分の5,000円が自由に使えたとしたらどうですか?好きな食事ができると思いませんか?あるいは趣味に使えると思いませんか?借金をするということはそれだけ自分の生活を余裕のないものにし、本来払わなくていいお金まで払わなければいけなくなります。そして一旦借金をすると思っている以上に完済までの道のりは長いものになります。ですから普段からお金をしっかりと管理し、間違っても借金などしない生活を送るのが幸せへの絶対条件ではないでしょうか。

キャッシングの利息を節約するには

お金を借りるときに、どうしても気になってしまうのが利息です。月に支払う利息分の手数料は、実際にはそれほど高くはないですし、家計を圧迫するようなものではないのですが、本来貯金で生活をしていれば払わなくても良いという意識も働いてしまって、「もったいない」という気持ちが出てくることも事実です。

 

そんな利息をなるべく節約しながらキャッシングしたいというニーズは、かなり多く、ほとんどの利用者の方が利息の安いキャッシングを探しながら申し込みを行っています。

 

手っ取り早くお得にキャッシングを利用するには、年利が1桁台のキャッシング会社を利用することが大切です。多くの会社は2桁の利息を採用していますから、1桁であれば、ほぼ半額くらいの手数料でお金を借りることができます。

 

やはり利息は1か月単位で考えるよりも1年というスパンで考えた方が節約がしやすい傾向があります。それはやはりまとまった金額で考えた方が、こんなにも利息を払っていたのかという意識が働くからです。

 

しかし、利息がもったいないからと言って、お金が厳しいのにキャッシングを利用しないのも、ストレスが溜まって給料などのお金が入ったらすぐに使い切ってしまうという、逆に貯金ができないという事態にもなりかねません。

 

ですから、キャッシングは人生のガス抜きをしてくれる大切なツールなのだという意識を持って利用すると、お金が手軽に借りられる便利さを感じることができると思います。

 

まずは利息が1桁の会社に絞って、申し込みをしていくと良いでしょう。